注文して理想にする

なぜ注文住宅を選択するのか

注文住宅はより施主の要望を反映させた住宅が建築できることからいつの時代も多くの人に支持されてきた建築方法なのです。戦後住宅の量が不足していた時代にはとにかく住宅をたくさん供給することに力が入れられていました。こうした時代では公団住宅など他と同じでもとにかく数が重要でした。ところが住宅不足がある程度解消されると人々は自分の求めるものを形にした住宅に魅力を感じるようになったのです。求めるものを形にしたのが注文住宅でした。とはいえ時代によって求めるものは変化しているのです。ですから注文住宅に限ったことではありませんが日本ではマイホームというと新築の住宅をイメージする人も多いのです。少し前の住宅でも設備が最新のものと比較すると不十分と感じるなどより特別なスペースを求めるようになっているのです。

建築業界の今後の動向

注文住宅の建築を促進することで滞っている経済を活性化させることができるという効果もあるのです。住宅の建築では一軒で数千万円かそれ以上の経済効果があるのです。とはいえ現在空き家問題が深刻化しています。日本ではマイホームを購入する場合八割程度の人が新築住宅を選択します。しかしそうした流れが進むと当然使われなくなった住宅が廃墟となったり犯罪の現場になるなど様々な問題が考えられるのです。国としてもこうした空き家対策に力を入れるために様々な対策が考えられています。ですから今後注文住宅の需要がますます厳しくなることが予測されています。そうした中でいかに顧客を獲得するかという競争が激化しているのです。建築会社を選択するときには将来性も配慮したうえで選択することが求められているといえます。