注文だからこそ

住宅購入時に気になる相場のとらえ方

注文住宅を建築するとなると分譲住宅よりも高額な費用が必要になることが一般的です。多くの人は住宅建築の経験がないのでどのくらいの費用を用意すればよいのかわからず相場を知りたいと相場や平均価格に関する情報を得ようとします。もちろん全くないよりは参考になるのですが住宅に関していえば相場や平均価格というのは一つではないのです。というのも集めたデータによって数十万円単位で金額が変動することも少なくありません。地域によっても工法によっても相場は大きく異なります。特に注文住宅の場合は使用する材料や設備によって価格も大きく変動します。特に木造住宅というのは価格の開きが大きいのです。というのも木材の原価は安いものと高価なものを比較した場合、倍以上価格が違うのです。ですから注文住宅の建築を行う際には価格はもちろん材料の質と比較して価格が妥当かを検討する必要があるのです。

住宅購入の際の相見積もりのメリットと注意点

注文住宅を購入する際には特に他の人と比較しても価格の妥当性は判断できないのです。とはいえ建築会社によっては同じような住宅を建築する場合でも最終的に支払う金額は数百万円単位で差が出ることもあります。建築会社の単価、ローンの金利など様々な要素を比較し総合的に判断する必要があるのです。 ハウスメーカーなど見積もりは無料という建築会社を候補に入れた際に多くの人が利用しているのが相見積もりです。複数の建築会社と同時に商談を行いよりよい住宅を建築できる会社を総合的に判断するということです。ここでいう複数といっても多くても3社程度にとどめておくべきです。というのも1社の建築会社と商談を行うだけでも非常に労力のいることです。複数社と商談を行うことで建築会社側にも競争意識が働くというメリットはあります。とはいえあまりにも多くの建築会社と同時に商談を行うのは建築主にとって非常に負担になってしまうのです。