バリアフリー化

親と住むために家を建てるなら

新築戸建てのバリアフリー化は、最早常識と言えます。新築戸建てを建てるのを機に、高齢の親と一緒に住むようにした人も多いです。ですから、バリアフリーにすることは基本と言えます。 新築戸建てのバリアフリー計画では、色々なことを考えなくてはいけません。親と一緒に住むなら、親ともしっかり話し合うことです。子世帯は高齢者ではないので、何が不自由になるか分からないことも多いでしょう。ですから、家族全員で計画を練ることが重要になるのです。 段差を解消したり、廊下や階段に手すりをつけると言うのは考えるまでもないでしょう。当たり前だからです。一番大切なのは、高齢者が2階に上がる必要なく生活できるように部屋を配置することです。

照明についてもしっかり考える

高齢になると視力が弱ってきて、物が見づらくなるので、新築戸建てを建てるときは照明にも気を配る必要があります。しかし、ただ明るければいいと言うわけではありません。まぶしすぎても目に良くありません。 また、高齢者は夜間にトイレなどで起きることがよくあります。足元灯や自動点灯する照明器具を導入するといいでしょう。暗闇の危険をかなり減らすことができます。 さらに、照明をつけるためのスイッチにも十分な配慮が必要です。操作面が広くて押しやすいものが基本になります。また、パイロットランプ付きのスイッチを導入することも大事です。このスイッチはオフの状態でも小さな灯りついているので、暗闇でも迷うことなく点灯できます。